圧巻です!R邸!その1。

京都市伏見区R邸2回目のプチプチリフォーム!

以前は2Fリビングのアクセントをブラックの獅子柄にプランさせていただきました!

ある意味”ハード系”のご夫婦で、打ち合わせの度に圧倒されていましたが

「もう真っ白な壁と天井がイヤなのーー、なんとかしてくださいー」と相談されました結果

この度、完成いたしました。

とにかく、個性強いめです!ご覧ください!

yoko

強烈な印象のダマスク柄は光沢を帯びており、どこかの国の民族衣装にも

負けず劣らずな感じでメデタイっす。

これを、玄関エントランスから奥の廊下まで!大胆に天井絵のようにレイアウトしました。

genkan

入り口入って右手の壁はアクセントに。

そこから天井へ上がってL字に曲がって奥まで。総柄です!

壁面は黒をベースに少しラメの入ったような無地系の壁紙で引き締めて。

img_5880

↓ちなみに施工前はこんな感じでした。

img_5892

↓階段周りの施工前

img_5891

階段室との見切りが難しくて、このバランスとトーンの切り替えが命!!なのです。

一番悩みました。↓↓

img_5882

img_5881

既存の白い壁紙と黒い壁紙との境目はこのような納まりに!うん、綺麗!

継ぎ目や角の納まりが、大切なんですよね。特にリフォームは!

普通に見切り棒入れたらちょっと残念ですものね〜〜〜!

 

 

ということで、なかなか見応えのあるパターン(柄)ですので、

引き続き NEWS「その2」でご紹介しますね。

少々お待ち下さいませませ・・・

 

インテリア企画室

後藤圭美