螺旋階段ホールの手すり

 

今回のお仕事は、東山区のホテルです。

 

格式高いあこがれのホテル。

打合せもわくわくどきどきです。

現場からは東山の景色が間近で一望でき、お天気もサイコーで、思わず仕事を忘れ、うっとりして仕事を忘れてしまうくらいでした。

(ボーッとしてたかもしれません・・・)

 

 

内容は「螺旋階段手すりのリニューアル」

 

おいかぜ photo-手すり-1024x667

 

手すりはとてもきれいな曲線で、デザインされておりました。すごい存在感です。

 

建築当初からの年数が経っているいるとはいえ、かつてのデザインが美しすぎます。

もう、4、50年も前の建築物なんですが。。。。

 

この手すりかの有名な建築家の先生がデザインされたものなのかなあ・・・・・

その手すりに続くデザイン?て??????

こうして建築・インテリアの物件に携わる1年生として、勉強したいことだらけです。

新旧の融合、とても気になります。