上京区F様邸納品 完了!

 

玄関

あこがれの京町家のお宅です!

 

柱や梁、建具など趣のあるものをうまく残し、町屋の心地よさを感じる静かなお宅です。なんといってもココの物件は我がデザイナーのゴトウタマミ先生がリフォームを手がけられましたので、始めからずっと現場を見させていただきました!風情ある京都の町並みに並ぶお宅の中に一歩足を踏み入れると!なんと!すごい!大胆!

昔、土間だった所は、リビング続きの気持ちのいい高—い吹き抜け空間に。

改装前はどうなるのかと思っていた台所は、大空間のアイランドキッチンに!

玄関も下駄箱もトイレも洗面所もとってもとってもステキです!

 

 

 

今回はウインドウトリートメントをご紹介します。

まずは1Fリビングから

庭兼駐車場に続く掃出し窓は常にレースカーテンを引いたまま、生活されるということでしたので、シルバー系のボーダーレース。

町家デザインを邪魔しない“シンプルなデザイン”をチョイスです。

 

 リビング

 

 

 

続いては2Fです

 

Fリビングから続く階段を上がりながら、ガラス越しに寝室が見えてきます。

このガラスの開口と階段空間がとっても気持ちいい!

透明ガラスの向こうに 軽い透け感のある布が1枚かかるだけで柔らかさが増します。

 

 寝室

寝室のベランダへ出る窓には建具の色と合わせたウッドブラインドを。

スラットを動かすことで風通しや調光、お隣さんの視線も気にならない優れものです。

寝室はヨコ使いのデザインでお部屋が広がりを作りました。

この部屋を見上げるとロフトのような空間があり、天井も高く勾配天井で、昔のままのゴロンボ丸太が見えているのです!

寝転んだときに見える景色がほんと、癒されます・・・・。

 

 

 

クローゼット

 

最後はクローゼットの間仕切りカーテン

建具にするのではなく、あえてシンプルな生地で間仕切りを。

これもゴトウ先生のお教えのもと、採用したらしいです。

大開口空間のクローゼットの中身が一度に見渡すことができ、常に空気の入替えもでき、お施主様は大喜び。もちろん中で歩くこともできます!

それに、ここ約7メーターも続いているのです!

あこがれるーーーー!!

 

まだまだ紹介したいインテリアはまだまだありますが、今日のところはこのへんで。

ありがとうございました!

 

 

インテリア企画室

宮前